売れない商品を売る方法

大々的に広告を打つことが出来れば、ビジネスが軌道にのると信じて疑わない起業家は少なくありません。そしてそのような起業家の多くは、現在のビジネスが自分の想定通りに進んでいない原因を、豊富な広告資金の無さだと結論付けるのです。

しかしわたしの経験では、実際に広告費が少ないことが原因となってビジネスが失敗するという例はほとんどありません。またその逆で、軌道に乗っていないビジネスに潤沢な広告費を使ったことによって、その事業が軌道に乗った例も見たことも無いのです。

もちろん自分一人の経験ですので、あまりアテにはならないかもしれません。しかしわたしはこのような経験から、「広告」と「事業の成功」というのは全く別のものであると認識しているのです。

とはいえ広告が一種の起爆剤となる事は少なくありません。そのため現在売れているものを、もっと多くの人の目に触れさせることにより、より多くの売上げを期待することはできるでしょう。つまり今「1×100」であった場合には、適切に広告を使う事によってそれを「1×10,000」や「1×100,000」にしていく事ができるのです。

しかしこれは「今既に売れている」という前提です。もし今泣かず飛ばすの状態で「0×100」だったとしたら、そこにどれだけ広告を打ったとしても、それは「0×10,000」や「0×100,000」となるだけで、結局答えは「0」のままなのです。つまり広告は「足し算」ではなく「かけ算」だと言えるでしょう。

このような事は、起業する前にも後にも、基本誰も教えてくれません。その逆に、売れないからと広告代理店などに相談しようものなら、「毎月広告費をかけ続ければ、徐々に認知されて売れるようになってきます」と営業され、売上げを上げたくて相談したはずのあなた自身が、広告代理店の売上げに貢献するだけとなってしまいかねません(相手もビジネスですから責めてはいけませんよ)。

そうならないために、これから起業しようと思っているあなたや、既に起業したものの売上げを上げるために広告を使おうかどうか迷っている新米起業家のあなたには、ぜひ「広告費をかけたからといって、売れていないものが売れるようにはならない」と知っておいて欲しいと思います。

売れるかどうかは必要とされているかどうかです。今売れていないのだとしたら、その理由を素直な態度で見つめ直してみてはいかがでしょう。さて、あなたの提供している商品やサービスは、あなたがターゲットとしている人が本当に必要としているものでしょうか。またそれは支払われる対価にあったものと言えるでしょうか。

広告費を大きくかけるのは、その商品やサービスが売れるようになってからでも遅くありません。焦って広告費へ大金を支払い、それが原因となって資金ショートしてしまうということがないようにしてくださいね。あなたの成功をお祈りしています。頑張ってください!

エンジェル投資家なかいてつや:-)

投資家ブログ一覧を見てみる

エンジェルコラムを見に行く

あなたが知りたい情報をサイト内から素早く探す

コメント

  • ブランドロイヤリティーとは

    こんにちは。突然コメントいれさせて頂きます。
    現在非アパレル業(Dog wear)の製造・販売を営んでいます。 弊社は小型犬専門のドッグウエアを製造して20年経ちました。
    当時は、DCブランドのデザイナーを経てラグジュアリーなブランド(欧米有名ブランド)商品のリメイクなどを施す一風変わった商品を扱うブランドを設立。富裕層が住む白金台・麻布周辺をターゲットに「希少性+おもしろい」をテーマに当時お付き合いのあった麻布十番の婦人服老舗店の片隅にて展開を開始しました。 売れる服とは?とか売上をどうやって向上させるか?とかに付き纏われる事に疲れ会社を辞め、「好きな事やろ!」そんな気持ちでのスタートでした。結果は。思いもよらぬ反響があり当時の人気アイドルwや、芸能人が探し当ててお買い物してくれる事も手伝って「こんなんで売れるんだ!」と予想外の展開に驚いていました。 元々仲の良いデザイナー2人で始めた極小規模の会社で右も左もわからないままで。そんな時期のある寒い冬の事。1人のデザイナーか飼っていた「チワワ」を散歩中あまりにも寒がる為この子に着せる服を手に入れてあげようと思い立ちペット関係の店舗を探し歩き必死になってwしらみつぶしに探しましたが。。。。全く見つからず思い立ったら性格上納得いくまで諦めない性格も手伝って「作っちゃえばいいぢゃん!」という事に。 ここでアパレルデザイナーの意地とプライドが大きく発揮され、アパレルと同様の工程で採寸 パターン作成 トワレ組み立てを経て初めての小型犬用ウエアが誕生しました。 
    これもまた「楽しくて」その1着がきっかけとなり人間と同じようにTPOに合わせたアイテムまで作り、当時はどこでも良かったから早く世に出したいとはやる気持ち抑えられずテレビ朝日近辺の古びた木造の畳屋の跡地に1号店を出店しました。今考えれば運を引き寄せてたんでしょうね。
    昼食の為に外出をしていたテレビ朝日報道系ディレクターは古びた木造の店舗が目に止まり「おもしろい事やってるねぇ」と夕方の報道情報番組で
    取り上げてくれる事に。  テレビの反響は本当に想像以上で放映翌日から全国の小型犬を飼われてる方からの連絡が殺到。エピソードとはこういう事を言うんでしょうね。 初めて会社らしく手が足りないから「人員を増やそう」「アトリエを構えよう」「運転資金準備しよう」となり。
    おそらく日本発の小型犬専門ドッグウエアの誕生となりました。 仕掛ける=広告ではなく トピックが結果広告になったのだと思いました。




認証コード1842

コメントは管理者の承認後に表示されます。