10代で起業したいが出資してくれる人はいませんか?

起業したいと言うと、「子供なのに」とか「10代でしょ」とか言われて、肩を落としている若手起業家予備軍の方は、多いことかと思います。多くは高校生や大学生だと思いますが、中には中学生の中にも、しっかりとした起業プランを持っておられる方もおられるようです。

10代で起業しようと考えられるのは、本当に素晴らしいことだと、私は思います。しかし、起業に当たって、10代ゆえの問題はないのでしょうか。

起業はできるか

そのような、未成年の10代の若手起業家は、起業できないのでしょうか?いいえ、そのようなことはありません。起業し、社長になることは簡単に出来ます。起業すること自体が、大きな障害になることは無いでしょう。では、資金の調達については、どうでしょうか?

起業資金を銀行から借りる

銀行から借りるとなると、人によっては難しいものになるでしょう。なぜ、「人によって」かと言いますと、「未成年がお金を借りる」というのは、「親が変わりに借りる」というのと同じ意味だからです。お金の貸し借りにおいて、未成年者はまだ、契約者にはなれません。そのため、銀行はあなたではなく、あなたの親の信用をみるしかないのです。では、では、起業し会社を設立するにあたり、出資金を集めるとなると、どうでしょうか?

投資家から出資金を集める

10代の若手起業家に、出資を集めることは可能でしょうか。本当に出資してくれる人がいるのでしょうか。出資してくれる人は存在します。それは、私たちエンジェル投資家です。私たちは、あなたが10代であっても、40代であっても、年齢に関係なく投資を行います。

但し、「10代であっても出資する」というのであって、「10代だから出資をする」ということはありません。 私を含め、エンジェル投資家は、出資するかどうかの判断において、「年齢が若いか、老いているか」とか「男か、女か」などで、差別・区別することはありません。しかし、それは、ある意味でも甘えが許されないということです。

出資者を募集している投資家が、10代であっても、40代であっても、同じ物差しでご提案をお聞きし、総合的に投資の判断を行います。ですから、10代でも、お金が集まらないから起業しないと、諦めないでください。10代のあなたでも、十分に出資を募れる可能性はあるのです。そして、あなたのような若手起業家が、これからの日本を創るのです。期待していますよ!

エンジェル投資家なかいてつや:-)

エンジェルコラム一覧を見てみる

投資家ブログを見に行く