起業の適齢年齢はいくつですか?

起業の適齢年齢はいくつか知っていますか?あなたの年齢や、あなたが起業される分野が判りませんが、目安となる年齢を、私が教えてあげましょう。まず、目の前にある紙に、あなたの年齢にひとつ足した数字を書いてみてください。そして、その紙を4つに折ってポケットに入れてください。

さあ、準備はいいですか。私が今から3つ数えると、起業の適齢年齢を書いた紙が、あなたのポケットに現れますよ。1・2・3・・・・

はい、あなたのポケットを探してみてください。きっと、「起業の適齢年齢」が書かれた紙が入ってます。その紙は4つ折りの紙です。中を開いてみてください。そこに書かれている数字が、あなたが起業するのに適した年齢です。どうですか?

起業は、ある程度の準備をしたら、あとは進むだけです。崖から飛び降りるほど、危険な行為でもありません。完璧に準備ができてからなんて言っていても、永遠にそんな日は来ません。

焦る必要はありませんが、遅すぎることなんてありません。あなたが、みんなに必要とされているサービスを提供しようと決め、それが必要とされていると確信を持ったなら、それは、年齢に関わらず、世に出すべきだと思います。

しかし、必要とされている確信を得るのは、自分の思い込みだけではなく、第三者が見ても「なるほど」と思えるだけの材料が必要です。一度、自らのプランを色々な人に話してみてください。小さく始められるものなら、始めてみてもいいかもしれません。

そうして、結果が出たなら、もう迷うことはありません。さあ、先ほどの4つ折りの紙をもう一度みてください。あなたが、起業するのに適した年齢は、いくつでしたか?

ここまでで、本当に私が書いた通りに、年齢を紙に書いた方はどれくらいいるでしょう。ほとんどの方は、実際紙に書いたりせず、読み飛ばしていることでしょう。実際に紙に書くという行動や、やってみると言う柔軟性を持った人は、本当に少ないのです。

あなたが、もしその少ない人の一人であるなら、もう年齢など気にする必要はありません。あなたには、十分、その素質が備わっていると、私は思いますよ。頑張ってくださいね。

エンジェル投資家なかいてつや:-)

エンジェルコラム一覧を見てみる

投資家ブログを見に行く