ベンチャー起業家が失敗して自己破産したら復活はもう無理ですか?

起業しても、もちろん全てが成功する訳ではなく、失敗することもあります。起業自体がチャレンジ(挑戦)ですから、失敗はつきものです。しかしその失敗が致命的であった場合には、融資(借り入れ)が返せなくなったり、手形が落ちなかったりして、会社はもちろん、ベンチャー起業家である代表者も一緒に自己破産するケースもあるでしょう。

そのような場合、ベンチャー起業家は、もう二度と起業できず、復活することが出来ないのでしょうか?実は、そんなことはありません。日本では、なぜか「自己破産したら、人生終わりだ。一生、どん底を生きないといけない」と言うような雰囲気が、いまだにありますが、それには何の根拠もありません。

もちろん、数年間は「お金を借りる」と言う行為は制限されます。制限されると言うよりも、ヤミ金以外は貸してくれません。これは、当たり前の事ですね。あなたは、「返すと言った約束を守れなかった人リスト」に、数年間だけ乗りますので、これに乗っている間は、残念ながら「お金を借りる」というのが出来ません。

ですから、クレジットカードやローンは通らないと思います。しかし、それが何か問題になるでしょうか。クレジットカードやローンが通らないと、新たに起業が出来ないですか?そんなことはありませんよね。

そもそも、新しい事業で起業するときには、銀行も簡単に資金を出してはくれません。ですから、一度自己破産したベンチャー起業家が、復活して再度起業する時に、銀行がお金を貸してくれないからと言って、特に何も変わらないと私は思うのです。銀行は、自己破産していても、していなくても「信用がない」と言って貸さないのですから。

もちろん私はエンジェルとして、ベンチャー起業家へ出資する側の人間ですから、事業は成功して欲しいですし、自己破産になるような結果は見たくはありません。しかし、それとこれとは別問題です。一度、失敗し自己破産したからと言って、人生が終わったかのように考えないでください。

どうしても、ベンチャー起業家の自己破産が原因で、起業資金を集められないときには、私たちエンジェル投資家のように、事業に資金を出資する投資家を探せばいいだけです。何より、ベンチャー起業家自身が諦めてしまうことが、一番の失敗であり、それが本当の意味での、自己破産(自己破綻)だと思います。

ベンチャー起業家としてチャレンジして、失敗しただけです。あまり怖がらずに、自信を持って進んでください。縁がつながれば、あなたともお逢いすることがあるかもしれません。自己破産くらいで、人生を棒に振るようなことは、やめましょうね。

エンジェル投資家なかいてつや:-)

エンジェルコラム一覧を見てみる

投資家ブログを見に行く