エンジェルやベンチャーキャピタルは何%持っていくのですか?

出資者を募集したいけど、投資してくれるエンジェル投資家やベンチャーキャピタルは、利益が出たら、普通、何%(パーセント)位持っていくのでしょう。せっかく自分が始めるビジネスですから、できれば、持って行かれる分を減らして、自分のために残しておきたいと思うのも、判らない事もありません。

答えは「あなたは、資本金(資本金とは、あなたが起業しビジネスを始めるために必要なお金の総額と思ってください)のうち、エンジェル投資家やベンチャーキャピタルに、何%出資してもらいましたか?その比率が持って行かれる分です。」となります。

例えばあなたが、自分の起業プランを立てたところ、総額で500万円必要だったとしましょう。あなたが自分で貯めた貯金は、300万円ありましたので、足りない分、残りの200万円をエンジェル投資家から出資してもったとします。すると、あなたが60%(300万円 ÷ 500万円 × 100)で、エンジェル投資家は40%(200万円 ÷ 500万円 × 100)を出資したということになります。

この状態でビジネスをスタートしたとします。そして、1年後に決算をすると100万円の利益が出ていたとします。この場合は、あなたが60%出資していますので、利益を持っていく權利も、同じく60%(60万円)持っていることになります。そして、エンジェル投資家は、40%出資していますので、利益を持っていく權利は40%(40万円)となるのです(会社に残すお金のことは省いて話を単純化しています)。

株式会社の考え方は、「リスクとリターンの比率は同じ」というのが原則です。最初の資本金を出した時点では、成功するか失敗するかは判りません。その時点で40%のリスクを負ったエンジェル投資家に、例えば「リターンは10%しか渡しませんよ」と言っても、リスクとリターンが合いませんので、通常は出資しないでしょう。

それでも、あなたが「いや、エンジェル投資家やベンチャーキャピタルは、持って行きすぎだ」と思われるのであれば、逆の立場で考えてみてください。私があなたに、200万円かかるあるビジネスを提案し、その200万円のうち半分の100万円を出資して欲しいと言いました。あなたには、失敗したら当然ゼロ、成功したら利益の10%を渡すという条件です。あなたは、必要資金の50%を出資しているのに、利益は10%しか渡さないと私が言うのです。あなたは、どう感じるでしょうか?私に資金を預けるでしょうか?

もちろん「少しでも利益を多くしたい」と思うのは、人間の欲ですから無くすのは難しいでしょう。しかし、起業家としてエンジェル投資家やベンチャーキャピタルなど、投資家を巻き込んでビジネスをして行こうと思うなら、そのような考えでは、誰も寄ってきません。「私が得するために、あなたは損をしてください」と言って近づいてくる人に、あなたは何かを提供しようと思いますか、いえ、思わないでしょう。それは、みんな同じです。

自分が、そのようなことを言っていないか、見つめ直してみてください。それでも、やはり利益は最大限にしたいと思うのでしたら、人からの出資を受けることを諦め、自分のお金のみで始めるといいでしょう。一度、自分に正直に考えてみてもいいかもしれませんね。

エンジェル投資家なかいてつや:-)

エンジェルコラム一覧を見てみる

投資家ブログを見に行く