起業家が個人投資家と人間関係を築く簡単な方法を教えます

人間関係がない人へ、お金を貸したり(融資といいます)、またその人の事業へお金を出したり(投資や出資といいます)するよりは、既に人間関係が出来ている人にするほうが、簡単なのは言うまでもありません。

これは、あなたもわたしも同じだと思います。あなたも、今日始めて会った人が「明日、必ず返すので1,000円貸して」と言ってきた場合と、仲のいい友人が同じことを言った場合、どちらに貸したいと思うかを考えれば判ることでしょう。

さて、ここまでくるとある質問が頭に浮かぶかもしれません。その質問は、きっと「どうしたら、融資や投資をしてくれるような人と、人間関係を築くことができるのだろう」というものです。

何事にも始まりはあります。それは人間関係でも同じです。ですから、人間関係を築くにも何かしらのスタートがあり、その方法さえ判れば資金が必要になったときに、他の人よりも自分へ融通してもらえる可能性が高くなると考えることができるでしょう。

では、この答えをお教えしましょう。それは(少し残念かもしれませんが)「小さな信用を積んでいく」事です。これは、親友を作るのと同じです。どれだけ気の合う人でも、一夜にして親友と呼べる仲になることはありません。そこには、ある程度の時間が必要でしょう。

それと同じように、まずは小さな縁でつながり、そこから人間関係を築いて行くのが、結局のところ一番の近道だと言えるのです。あなたが起業家の場合なら、この「小さな縁」というのは、大抵、ビジネスでのつながりとなるでしょう。

ここまで聞くと、既にあなたは気付かれたかもしれません。

スポンサーリンク


そうです、一足飛びに近道をする方法は無いのです。人間関係を簡単に作り、簡単に融資や投資をしてもらい、資金調達を行うという考え方自体が現実的ではないのです。

実際には、自分のビジネスをきちんと練り上げ、具体的に説明して融資や投資をしてもらい、そして共にビジネスを行う中で、人間関係が構築されていくのです。つまり、「人間関係の後に資金調達をしよう」とすること自体に、無理があるとわたしは思います。

それに加え、「資金調達のために、人間関係を築く」というのは、そもそも、本当の意味での人間関係ではなく、ただ「相手を利用してお金を引き出すための方法」とも取ることができます。これでは、お互いにとってあまりに虚しい行為ではないでしょうか。

もし、あなたが起業家として資金調達を考えていて、そのために人間関係を築きたいと考えているのだとしたら、その考えている時間を、そのような虚しい行為を行うために割くのではなく、ぜひ自らの事業を成功に導くために使ってください。

これから起業家として歩むあなた自身にとって、自らの持てるもの全てを使い、また考え抜かれたその事業計画をもって、胸を張って正々堂々と資金調達を行い、その後、自らの手でビジネスを成功させることが、人間関係を築くための一番の近道となるでしょう。


投資家ブログ一覧を見てみる

エンジェルコラムを見に行く

あなたが知りたい情報をサイト内から素早く探す