名前からして天使のようにお金をくれそうなエンジェル投資家

エンジェル投資というと、名前からして「天使のような投資家」というイメージがあるかもしれません。例えば利益が出ない事業にでもお金を出してくれたり、場合によってはお金をくれるかのような人を想像しがちです。

しかし実際には「まだ実績のない創業間もない会社に資金を提供する投資」のことをエンジェル投資というだけで、「利益を求めない」訳ではありません。エンジェルであっても投資した会社から、配当などの利益を得ることを期待しているのであって、その利益がなければ、いつか投資家の側の資金が無くなってしまいます。

起業して数年経ち事業が軌道に乗ってくると、銀行や投資家から調達しやすくなります。しかしそれまでの間は、どこからも資金調達することが難しくなります。そこでエンジェルが資金を提供するのですのですが、当然その会社が成長することは大前提です。

もちろんエンジェル投資家は個人の投資家ですから、決まった形はありません。それぞれの投資家が自分の資産をどのように使うかは自由です。そのため中には「私は起業家へリターンを求めません」という方もおられます。しかし、それがスタンダードではなく、多くの場合ひとつの資産運用として、事業として行っているのがエンジェル投資なのです。

日本人はこのように「利益のためにやっています」ということに少し抵抗があるように思いますが、これをオブラートに包むと本質が見えなくなってしまいます。利益がなければ、起業家自信もそしてその家族も苦しい思いを強いられます。もちろんその会社の従業員も同様です。

それと同じくわたしたちエンジェル投資家も利益を求めて投資しています。あなたが思っていたイメージを崩してしまったかもしれませんが、勘違いしているよりはいいかなと思い記事にしてみました。利益を共有できる起業家の方は、ぜひ投資させてください。

エンジェル投資家なかいてつや:-)

投資家ブログ一覧を見てみる

エンジェルコラムを見に行く

あなたが知りたい情報をサイト内から素早く探す