自己資金が全くなくても1000万円出資してもらうことはできるか?

あなたは、自己資金がありません。もちろん、働いてはいるので毎日の生活はできているけども、貯金は全くない状態です。そんな中、起業しようと思ったあなた。でも肝心のお金がありません。週末、必要なお金を計算してみると、最低でも1000万円は必要でした。

さて、こんな状態、自己資金が全くない状態でも、1000万円出資してもらうことはできるのでしょうか。結論から言うと、出資してもらうことは可能です。しかし、条件がないわけではありません。出資もボランティアや寄付ではありません。

では、どのような条件があるのでしょうか。お金を借す場合(融資とも言います)は、「その人が、きちんと借りたお金を返す人かどうか、返すあてがあるのかどうか」を見て貸します。それが条件となります。貸してくれる先の代表格は、銀行ですね。銀行は条件を十分に満たしていれば、自己資金がなくてもお金は貸してくれるでしょう。

しかし、融資の場合の「自己資金がない」というのは、「現金がない」というだけで、返すことのできる条件、例えば、高所得の職場や、ローン残債より価値のある家などの担保が必要となってきます。

では、融資ではなく出資の場合の条件とは、どのようなものでしょうか?お金を出資する場合は、「その人が、きちんとお金を増やしてくれるか、お金を増やせるビジネスモデルかどうか」を見て出資します。それが条件となります。

出資してくれる先は、個人投資家やエンジェル投資家、またはベンチャーキャピタルでしょう。彼らは、あなた自身が本当に無一文で、自己資金が無しであったとして、ビジネスモデルによっては1000万円でも出資をします。

ですから、自己資金がないことは、ビジネスを始められないことの理由にはなりません。もちろん、どんなビジネスモデルでも、自己資金がない人へ、個人投資家やエンジェル投資家、またはベンチャーキャピタルが出資してくれるわけではありませんが、一度、相談してみるのもいいのかもしれませんね。あなたが成功されることをお祈りしています。

エンジェル投資家なかいてつや:-)

エンジェルコラム一覧を見てみる

投資家ブログを見に行く