日本ではベンチャーの起業を銀行が支援しているの?

アメリカでは、ベンチャーが起業するときには、投資家、特にエンジェルと呼ばれる人たちが、ベンチャー支援をしているようです。では、私たちの国、日本はどうでしょうか。日本は、その役割を銀行が追って、銀行がベンチャーの起業を支援するのでしょうか?

残念ながら、そうではありません。銀行は、単独でベンチャーへの支援を積極的に行うことはありません。銀行は、融資(お金を貸すこと)はしますが、投資はしません。それも、相手がベンチャーで起業した会社だと尚更、返ってくる可能性が低いと見て、担保がないと貸さないというのが現状です。

もちろん銀行の中には、運用資金の一部を、エンジェル的な投資をしているファンドに提供し、間接的に支援しているところもあります。しかし、一般に知られる程、積極的にベンチャーの起業を支援するような行動はしていません。では、ベンチャー支援が整っていない日本では、一体どのようにして、ベンチャーを起業すればいいのでしょうか?

ベンチャーキャピタル

ひとつは、小さく始めて、ある程度の成果が見られるようになったら、ベンチャーキャピタルに持ち込むことができるかもしれません。ただし、ベンチャーキャピタルは基本、株式公開を目的とした投資を行いますので、当然、株式公開できる程の市場である必要があります。

クラウドファンディング

小口の出資を集めるもので、寄付型や出資型など、色々なものがあるようです。株式公開などができなくても、多くの人に賛同が得られれば、資金を集めることが可能です。ウェブで検索すれば、色々出てきますので探してみてください。

エンジェル投資家・個人投資家

個人投資家や、私たちエンジェル投資家が日本にも存在します。なかなか、周りには少ないかもしれませんが、お金や知識を提供し、パートナーとして捉えることもできるのが特徴でしょう。マッチングサイトなどもあるようですので、地道に探してみてください。

(番外編)日本を捨ててアメリカでベンチャー起業

これは、完全に番外編ですね。アメリカに渡り、アメリカのエンジェルから出資をしてもらい、ベンチャーとして起業することもできます。



さて、銀行がベンチャーの起業を支援してくれないとしても、これだけ沢山の資金調達の手段があります。あなたも、ベンチャーで起業されようとしているなら、諦めずに是非、進んでください。良い未来が開けますように、お祈りしています。

エンジェル投資家なかいてつや:-)

エンジェルコラム一覧を見てみる

投資家ブログを見に行く