女性の方が起業に向いているのですか?

男性と女性、どちらが起業に向いているのでしょうか?女性の方が、起業に向いていると仰る方もおられますが、実際はどうなのでしょう。私が実際に、投資して欲しい起業家の方と、毎日面談させて頂いたり、ご相談に乗ったりしている中で感じたことから書いてみます。

まず結論から言いますと、「性別と起業家の素質には、基本は何の関係もない」と思います。しかし、業種によっては、「女性に向いている業種」があるのは確かです。次に、私の主観で女性と男性の特徴を、まとめてみました。

女性

一般的には、「細部にまで目が行き届き、物事を綿密にこなすのが得意」だと言われます。起業プランを拝見しても、細部にまできっちりと、気を配られている方が多いです。女性特有の悩みや美に関しては、女性起業家に向いている業種であると言えるでしょう。

私が感じた特徴は、「感覚を信じて、根拠の無い自信で突き進める」のは、女性起業家に多いような気がします(褒め言葉ですよ)。そして、私の周りでは、この「根拠がない感覚」で成功している女性が多いのも事実です。

「根拠がない」と言っても、本当に何の根拠もない訳ではなく、「論理的に説明して、人を納得させられる根拠がない」と言う意味です。しかし起業プランは、誰かに説明して、納得してもらわないと始められないものではありませんから、もちろん、問題はありません。女性は男性に比べ、感覚を司(つかさど)る、右脳が発達しているのかもしれませんね。

男性

一般的には、「物事の全体を捉え、俯瞰(ふかん)するのが得意」だと言われます。起業プランを拝見しても、中長期に渡って、会社の成長の過程まで、きちんと計画されている方が多いですし、事業規模自体が、女性に比べ大きいものが多いのも特徴です。

私が感じた特徴は、「論理的に考えて、理詰めで進める」のは、男性起業家に多いような気がしています。もちろん、女性の場合同様、私の周りでは、この「論理的な理詰め」の通りに駒を進め、成功している男性が多いです。

「理詰め」と言っても、「屁理屈」とは違います。「何故、このような成長をするのか」と言う根拠が明確ですので、人に納得させたり、出資者を募るのには、男性の方が有利なのかもしれません。男性は女性に比べ、論理を司る左脳が発達しているのかもしれません。



さて以上、私が感じた女性男性両方の「起業家に向いている部分」です。上に書いた通り、基本は「男女のどちらかが、起業家に向いている」ことはありません。どちらにも良い部分がありますので、それを自覚しながら、伸ばしていくことが出来ればいいと思います。

私達エンジェル投資家が、起業家に出資する場合には「その事業プランを実行するのが、あなたでなければならない理由」が多ければ多いほど、積極的になります。ですから、女性は女性ゆえの長所を最大限に活かせばいいですし、男性もまた然りです。あなたの起業プランが明確になれば、是非私にもお話を聞かせてください。楽しみにお待ちしております。

エンジェル投資家なかいてつや:-)

投資家ブログ一覧を見てみる

エンジェルコラムを見に行く