会社員(サラリーマン)をしながらの起業でも出資してもらえますか?

会社員(サラリーマン)をしながら、起業して会社を設立するという場合でも、外部からエンジェル投資家や個人投資家を募って、出資してもらうことは可能なのでしょうか。

会社員としてサラリーマンをしながら、出資もしてもらえる。そんな都合のいい話、ある訳は無いでしょうか?いいえ、決してそんな事はありません。もちろん、会社員として働きながら起業するとしても、外部のエンジェルや個人投資家から、出資という形で資金調達を行うことは可能です。

会社員をしながらの起業ということは、副業(サイドビジネス)に近い形でスタートすることとなります。会社員としての給料が出ているでしょうから、未婚者の場合はもちろん、例え既婚者であっても「売上を上げないと、来月から家族を養えない」という状況にはなりませんので、精神的にとても楽です。

起業家の精神状態は、起業後の業績に大きく影響を与えます。そのため、あなたが会社員としての給与をもらいながら、副業に近い形で起業することは、エンジェル投資家や個人投資家など、出資を行う側から見ても、安心できる良い状態であると言えます。

しかし、会社員として務めているということは、給与をもらっている会社から、時間の制約を受けることになります。ときには、あなたの空き時間を、残業や休日出勤として使う必要があるかもしれません。これは、副業として始める以上、ある程度は仕方がない部分はあります。

ですが、これが多くなってくると、せっかく起業したあなたが、自分の会社に使える時間が極端に減ってしまい、あなたの立ち上げたビジネスの成長を、鈍化させてしまう可能性があります。このような場合には、例えあなたが、自分で起業した会社にいなくても、ビジネスが動く仕組みにしておくことができないかを考えるといいでしょう。

時には、人を雇ったり、共同経営者を迎えたりするのも手かもしれません。そして、ある程度、あなたが起業したその会社が軌道に乗れば、会社員として務めていた会社を退職し、脱サラして、あなたの会社へ集中するといいでしょう。

ここで気をつけて頂きたいのが、決して「会社員をしている会社をサボって、自分の起業した会社の事をやらない」ようにしてください。会社員としての給料をもらいながら、自分で起業した会社に時間を使っているというのは、給料をもらっている会社への背任(裏切り)行為となります。これから、起業しようとするあなたが、そのような背任行為を行うようなことは避けてください。

さて、あなたの起業プランが、ここに書いたような、「副業からスタートできる起業プラン」なら、私達エンジェル投資家は、喜んで、あなたのプレゼンを聞きたいと思います。お力になれることがあれば、いつでもご連絡ください。あなたが、小さく始め、大きく成長されることを期待してます。

エンジェル投資家なかいてつや:-)

エンジェルコラム一覧を見てみる

投資家ブログを見に行く