スモールビジネスの資金調達

スモールビジネスは、名前の通り、規模が小さい会社組織のことですが、規模が小さい故に、売上規模も比例して小さくなりがちです。そのため、スモールビジネスは銀行などの間接金融からの、資金調達が難しいのが現状です。

では、スモールビジネスに、資金調達の必要が生じたとき、どのようにすればいいでしょうか。王道は、やはり銀行なのですが、これはよく言われるように、大手のメガバンクを狙うより、地方銀行、信用金庫、信用組合などに話を持っていくほうがいいと言われます。

しかし、資金繰りが苦しくなってから資金調達を行おうとすると(これはスモールビジネスかどうかに関わらず)、どうしても貸し手有利となり、なかなか思うように行きません。ある程度の余裕を持って、交渉に挑めるだけの計画性は欲しいですね。

銀行も担当は人間ですので、あなたが計画性のある人間であるほうが、安心してお金を貸すことができます。もし、計画性のない人なら、どんな無茶苦茶な使い方をされるか判りませんので、当然ですよね。

では次に、銀行で資金調達できないスモールビジネスの場合は、どのようにすればいいでしょうか。その場合は、スモールビジネスのステージにもよると思いますが、私たちのようなエンジェル投資家や、ベンチャーキャピタルの出資を受けるというのも方法でしょう。

エンジェル投資家やベンチャーキャピタルは、銀行のようにお金を貸すことはしませんが、スモールビジネスに魅力があれば、株式を一部取得し、会社への出資という形で返済不要の資金を提供します。

エンジェル投資家やベンチャーキャピタルが、銀行などと違うところは、「必ず返しくれるか」という視点ではなく、(投資家によると思いますが)「成長性があって伸びる面白い(儲かる)ビジネスか」という部分を、より重視していると思います。

そのため、スモールビジネス全てに、エンジェル投資家やベンチャーキャピタルが合うとは思いませんが、あなたのスモールビジネスが、「成長性があって伸びる面白い(儲かる)ビジネス」であると感じられるなら、資金調達の方法の一つとして検討されてもいいのかもしれませんよ。

エンジェル投資家なかいてつや:-)

エンジェルコラム一覧を見てみる

投資家ブログを見に行く